365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
ご連絡先一覧へ お電話も歓迎/問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS

社長ブログ

2013_07_11
リバースウィー○で新作つくります



リバースウィー○で新作つくります  (○にしているのは「特許」だからです)
Tシャツ/スウエットがお好きな方にだけわかる、その意味マニア的な言葉
米国チャンピオ○社特許の編み方である。
難しく考えることは不要で(もちろん編み方だけではないが)、ひとことで書けば、カットソーの生地からの縫製の段階で、通常は生地目がすべて縦方向になるのと異なり、身頃を90度、横方向の生地目にして製品に仕上げる縫い方。なぜこの方法が存在するか?
それは、生地の特性上通常は、洗濯/感想で縦方向のほうが横方向に比較して割合として2倍収縮する。もちろんこれを加味してつくるので問題はなにもない。しかし、生地が厚手になるほど、糸の特性上伸び縮みでは薄手比較で劣ることになるので、薄地の規格そのもので「ぴったり感」がある厚手生地でのTシャツは、極端に言えば、ぴたぴたでかっこよくてもよほど細身の方でなければ、着にくく脱ぎにくいシロモノになる。つまり新品時でかっこよくっても、洗濯/乾燥後ではヘタすれば着れない製品となり、正直書けば、クレームの元になる。これが世間で厚手の細身Tシャツがあまりないことの要因だ。ほんとに細身の方でなければ、一般うけしようがない品になってしまうということだ。

スリムな方にも、ぴったり着られる厚手Tシャツ。
厚手Tシャツマニアを自負し、商売人であるぼくにはこの命題がある。ここでぼくはリバースウィー○での新品番をつくることにし、サンプル製作を依頼した。
生地をヨコ向けにするだけならカンタンなことだ。しかし、実際の製品にするためには、縦方向の縮度をしっかり確認のうえ加味しながら、縦方向なら実は感じにくい収縮と着やすさの相関関係をたしかめていくと、リバースウィー○には、なぜサイドパネルと一般に言われる脇はぎがあるのかがわかってきた。それは、
厚手でぴったりめでつくるゆえの窮屈感を低減し、フィット感と着やすさを両立するためだ。ここまでわかったから、これでサンプル製作を依頼した。これから秋冬製品スタートへ生産段階ではどんどん進んでいるが、そんなの関係なくTシャツの基本、半袖クルーネックでまずつくる。
もちろん、事業を継続的にやっていくための最低限の(とも正直言わないけど)多少の利益、それもたいせつだが、レッドタグシリーズでは、ぼくは、ほんとは「ぼくが着たいと思う品、お客様にはもしよかったらあなたもどうぞ買ってください」の品を、つくっている。売れるかどうか、儲かるかどうかはレッドタグシリーズではほんとはあまり考えていない。だってニーズやらなんやら考えてたら、レッドタグシリーズ キーネックやリバースウィー○はつくれないのは、業界人たるぼくこそわかっている。
Tシャツについては、stay hungry, stay foolish. これで上等さ。
Tシャツの愛されるアホ。 nutsとは愛されるアホという意味のスラングだ。これでよし。
サンプル製作って言ったって、必ずつくるしさっさとつくる。オレは生地からつくってるからね。
nuts レッドタグ 厚手リバースウィー○ クルーネック半袖 サンプル届いたらまた練り倒してから、たぶん9月から発売します。 乞うご期待

 

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME