365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107

社長ブログ

2012_11_22 
クリエイティブ=創造的/独創的であること

ブランド/アイテムマッピング(の基礎)でけた。

nuts

これを元に、来春に向けて、5%のお客様 100名のお客様のなかで、95名の方には、「こんなマニア向けいらんわ」 = 5%のコアな方に「こんなマニア向けを待っていた」と言われるであろう品をつくる。 ぼくはこの路線でこれからこそやっていく。

ここから今日の本題

家電屋さん店舗で、バーコードをケータイで読めば、ネットでの価格がその売り場で今すぐわかる。誰もわるくない。しかしこれでいいのだろうか? 

簡単に手に入る、そこらにある工業品はお客様視点で、買う決断は「安いから、早く届くから」しか、これからこそない時代のだ。そしてこのことは、ITによって、さらにもっと加速していく。

クリエイティブ=創造的/独創的であること
今、小売り商売は大きな変革期にあると思う。

それは、仕入れ=できている品を売れるか/売れないか=仕入れるか/仕入れないか というこれまではそれでよかった判断基準から、これを売る=売りたい品は小売りであっても自分でつくる。

お客様視点からは、「その品には主張があるか?」が、商売になる=喜んでいただけて継続的な商売が可能なのかどうか。 こちらにお客様の価値判断=買っていただけるかそうでないかになってきているのだ

時代の変革期=その意味、江戸〜明治くらいの商売の世界で大型店が存在せず、商店が「自分の売りたい品は自分でつくる」時代に戻ってきてるように思うのだ。つまり、商人たるものクリエイティブ=自らの誇りと品質+創造的/独創的な品でなければ買っていただけない時流だと考える。


検索が、システムが、○天に入ったらどうだのこうだの
そんなことはどうでもいい。

自分の販売している品には、自分の主張が入っているか。「ほんものだよ」と、心の底からおすすめできる品か。自分らしい品であるか。 それを、お客様にちゃんと伝えているか? ぜんぶちゃんとやれてこそ商売となる時代がやってきている。

最高の品をつくり、その上に情熱をもって売りこむことが商売だ

商品と商人本位。時流はこっちだよ。



nuts

お問い合せセンター

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME