365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
ご連絡先一覧へ お電話も歓迎/問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS

社長ブログ

2012_11_13 
ミッション 一点突破せよ

商売には必ず競合店がある。その前提で品揃えアイテム数が多いことは大事だ。なぜならお客様からの選択肢は少ないよりはたしかに多いほうがいい(買っていただけるお客様数は多くなる)。手前ごとだが一昨日、愛用macのキーボードを買いに行ったところ、家電屋さん一軒目では売れて品切か、そもそも置いてなかったのか知らないけど、ぼくの欲しい品がなかった。あとから行ったもう一軒ではあったのでそちらで買った。ない=売れないし、ある=売れるということだ。すなわち(品切がなければ)品揃えはたしかに多いほうがいい。

京都には、mac専門店は以前はあったが今はない
家電屋さんではapple製品置いてあるけど、すこし専門的な周辺機器なるとなかなかないのが現状だし、実際コンピュータを買う時には、マシンのスペック決めとソフトのバージョン相性などで、やはり専門的なアドバイスがぼくは聞きたいので、以前から滋賀県の草津のマック専門店さんに買いに行くことにしている。


自分の購買行動、店を選ぶ基準はなにだろうか?
macを買う時=草津まで行っていろいろ聞きながらたとえばメモリーやディスク容量などで最適のスペックを選ぶ(動画など大きなファイルをしょっちゅう使うわけではないのでオーバースペックはいらない、また最新OSでは、それまでのソフトのバージョンでは動かないことも多いのだ)

周辺機器を買う時=近くの家電屋さんで売ってればそこで買う しかし、ほんとの近所の家電屋さんは(チェーン店でも小規模では)そもそもmac関連は置いてないので、車で5分〜15分くらいの大規模家電店に行くことになる。

macおよび、mac関連の買い物でぼくの選択肢
高額になる買い物>無駄なスペックなどにしないように、相談できる専門店
低価格な周辺機器>「macが置いてある」家電店
ないので行かない>「macが置いてない」家電店


自分を見るとよくわかる
品がそもそもないのは論外だが、買い物らしい買い物をする時は、ぼくは必ず「専門店」で買っている=macで商売になっているのはやはりこういった店ではないだろうか? 家電大型店で各メーカーの、メーカー名を隠せばどれがどれだかまったくわからない似たようなwindowsマシンがいっぱい並んでいたって、まったく興味がわかないし、最適なディスク容量などの相談ができないような店ではぼくは現実に買う気にならない。


今日の題 ミッション 一点突破せよ に戻る
ぼくがやるべき商売は、品揃えの多さを誇るような商売ではない。Tシャツとスウェットですべてのお客様からの問いにこたえ、提案すべきをしっかり提案、相談いただける店だ。そしてそのなかに、スペシャルなおすすめとして、品揃えの真ん中に自社ブランドを置き、しっかりアピールしていくことだ。名物のない店は名店になれるわけがないのだ。



お客様に悩ませる品揃えより、お客様に「これ買いなはれ」としっかり言いきれ、信頼される店であり、品でありたいと思う。


nuts ゴールドタグ 半袖丸首

お問い合せセンター

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME