365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
ご連絡先一覧へ お電話も歓迎/問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS

社長ブログ

2012_10_10 
自社ブランド nuts 確立への道

厚地Tシャツ/nuts

SPA  Speciality store retailer of Private label Apparel
素材調達、企画、開発、製造、物流、販売、在庫管理、など製造から消費者様へのすべての工程を流れと考え、自社ブランドとして末端の店にいたるまで、自社全リスクをもって販売していく商業形態。 主にアパレル、ファッション業界での定義

ぼくも弱小ではあるが、自社ブランドnutsTシャツをもってチャレンジしている
本気でブランドとして再構築スタートしてから、まだ1年にもならないが、おかげさまでほんとうにたくさんのお客様から支持いただけ、今に至っている。

(これは書かなくてもいいことだが、隠す理由もないので)具体的には、
売上の60%を超える売れ行きになっている。みなさま、ほんとにありがとうございます。まだまだ課題も山積だが、そのなかで一番大きな課題は、品そのものの確保=発注から弊社に入荷/販売までの納期の点だと思う。

生地からオリジナルでつくるとは、
糸そのものの確保、編み機の微妙な調整を経て生地となる>縮度を計算のうえでの(たとえば白と黒では染めでの縮度が異なるのだ)色ごとのカット>縫製>タグつけ>袋詰め ここまでの日数がかかる。 だからこそ、ある程度、具体的には例えば、今、時期的に枚数的に一番売れているアイテム「長袖丸首クルーネック」なら、最初の新製品としての発注ロットが色/サイズの5色/4サイズで、20SKU(絶対品番)になる。現実としての新製品での最初の発注ロットは、各10枚。と簡単にいっても(実際には色、サイズで数を調整するが)200枚となる。

これが、販売予測の思う通りに売れてくれれば^^こんなにうれしいことはないが、
人生、そんなにうまくはいかない。この納期とのかねあいで、どうしても、一時的な品切れは発生してしまう。もちろん、そうならないように、常に売れ行きと在庫数を確認し、発注していくが、なかなかすべては思うようにはいかないものだ。

お客様が買いたい。と思われるその瞬間に、その商品、必ずそのアイテムがなければいけない
もっと努力し、「欲しいのに品切れ」が、ぜったいにない店を目指していく。ものすごく重要なのはわかりきっているが、ものすごく難しく、ものすごくやりがいがある。それが自社ブランドでやるということだ。

日々挑戦。




facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME