365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
ご連絡先一覧へ お電話も歓迎/問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS

社長ブログ

2012_09_09
自信がある、自分らしい品を堂々と売るんだ

Tシャツ  画像は、自社ブランド厚地Tシャツ/nuts基本商品 丸首クルーネック半袖
 自分が今、販売している自社ブランド厚手Tシャツには、お客様に愛される一着への、圧倒的な質への自信がある。 なぜなら、販売者としてのぼくこそ、Tシャツに関してはいい品を提供したい一心で、「こうしたらもっといい品になる」と、気になることすべてを品に込めたから、そしてなによりも、Tシャツが好きだから。
=これは、愛される「鉄ちゃん」=鉄道マニア様の品への愛着と同類の、オタク的レベルだと思う。 愛されるオタクのみなさまに買っていただく商売では、販売側の、ぼくは完全なるオタクでなければならない(かな?) そのレベルを常に目指していく。まだまだやるべきことはたくさんあるのだ。

最高の品質とは。

Tシャツ屋たる、ぼくにとっての最高でいいじゃないか。自分が販売する品にいつだって、自信満々で心から、「これいいですよ 着てみてください」とはっきり言える品。 これ以上はないし、これ以下は絶対にない。



 万事徹底。2012年3月販売スタートの、nutsシリーズは、Tシャツ商人としての知識、プライド、すべてをかけて、生地からなにもかもすべてを、これまた、Tシャツ工場としての歴史を100年持つ、ぼくのつくりたい、売りたいTシャツを、理解し、具現化いただける知識とノウハウを、完全にお持ちの生産委託先社長と幸運にも知り合うことができ、そのうえで、試行錯誤と試編み(生地そのものから試編みです)>試験染め>製品サンプル>洗濯乾燥>フィードバックをくりかえし、製品としてきた。

 商売は勝負ではない。商売に勝ち負けはない。しかし、自分が販売する商品には、最高の自信をいつも持っていたい。そのうえで、できれば価値観を共有いただける=「こんな品が欲しかったんだ」と言っていただける、品に喜んでいただけるお客様に販売していきたい。 そう、品へのほんとうに強い思いを、さらに120%の情熱をもって、品づくりから取り組んできた。これからもこの気持ちは変わらないし、もっともっといい品に改善し続けていく。



 思いあがり?なんて言われても、そんなことは気にしない。はっきり書くけど、ぼくのつくる、販売しているnutsブランドを一度でも買って、着て、洗濯して、また着てみてからなんでも言ってほしい。そのうえでの改善要望はぼくこそ、ぜひ聞かせてほしいし、真の改善はここからしか産まれないことを知っている。




ぜひ、買ってみてください 買って、着ていただければ、Tシャツ屋の品への思いを、わかっていただける、きっと気にいっていただけるとぼくは信じる。


 過去、世間で販売されている、ぼくも売ってきたすべての商品に、白状しよう。 仕入れて販売での、いっしゅカンタンな品においては、ぼくは心の底から、「これ、最高やん。」のひとことが、過去すべての商品で、お客様すみません。 どうしてもでなかったんだ。


 昨年2011年秋 高知の友人、滋賀の友人、京都の友人に、ある時、先輩の経営するヤキニク屋さんで、にこやかに、しかしみんなから強く言われた。

 岸本よ。自信がある、岸本らしい品を堂々と売れ。 

 みんな、ありがとう。心から感謝です。


 昨年2011年 正月、中学までのいっしょにサッカーを、泥んこになってやってきた(チーム名は京極ドロンコ 笑)同級生が監督の、高校サッカー部が、全国選手権で準優勝した。そのサッカー部スローガンが 「君は君らしく」 いい言葉じゃないか。 実は彼の奥さんも中学同級生(べっぴんさんです)。  どうやら、これは彼女の入れ知恵らしい(笑)



 品に全責任をもち、価値に自信がもてる品を、自分らしく堂々と売るんだ。

 だから、ぜんぶをイチからつくった。
 ぼくにとって、すべてが120%の品だ。
自分と、世間のTシャツを愛するみなさまにチャレンジや。



facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME