365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
ご連絡先一覧へ お電話も歓迎/問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS

社長ブログ

2012_09_08
製品スペック=最高の仕様/性能(着心地の意味で)を決めるということ

Tシャツ
 画像は、自社ブランド厚地Tシャツ/nutsヘンリーネック、
丸首、Vネック、マニアックなモックタートル(ハイネック)も製造、販売しているが、製品のスペック決めで、もっとも苦労したのがこのヘンリーネックだ。衣料屋の息子、Tシャツ屋としてのぼくが、大好きなヘンリーネック=商売のため、自分で着るため、生産国にこだわらず、思いつく、見かけるすべての無地ヘンリーを入手し、テストしてきた
先に言いきってしまおう。
どの国のどの品にも引け目がない、まさに日本でしかできなかった、史上最高のヘンリーネックだ。


会社が解散してしまった米国アンビル ヘンリーネックも販売していたが、生地の厚さ単位では、同じクラスにはなるが、徹底的に異なる。アンビルももちろん、わるい品ではないが、はっきりいって品格がまったく違う=着ていただいての望まれる満足感がまったく違う。
上の、画像をもう一度見ていただきたい。

第一ボタンのうえの、ネックがじょじょに曲線を描きながら、ほそくなっているのがおわかりいただけると思う。この曲線を描く、ネックカットと縫製始末こそが、ヘンリーネックが好きな方に、最高の着心地をもたらす。この曲線カットがあってこそ、開けてかっこよく、締めてかっこいいヘンリーの見本のようなヘンリーができた。

レーシングカートや、昔のミニバイクレースなど、カストロールのオイルのにおいとともに、2サイクルゆえのキャブレター混合比のレース前のセッテイング、あえて言うなら、ぼくと OEM先社長は、そのくらいの意識をもって、ひとつの部品たるヘンリーのネックまわりに最高に気に入っていただくために、徹底的にこだわった。

また、ヘンリーゆえの、ボタン付け前立ての、(カッターシャツのような)本格仕様のまったく手抜きがない生地始末は、伸縮があるTシャツ素材であることを考えれば、これ以上の縫製仕様はどこにもないと言える。 そう、最高に納得できるセッティングができたのだ。



もういちど書いておく。
日本でしかできなかった、品で判断いただけるおとな向きでの、かってない史上最高のヘンリーネックだ。

 スタンダードな丸首は、もっとも大事な、もっとも数が売れるスタンダードな品ではあるが、ほんとうは、ネックまわりが、カッターシャツでは、一般的に37/38/39/40/41/42とあるように、人それぞれぞによって、首まわりが異なる。もちろん、サイズによってmm単位で調整はしているが、狭い、広いなど、人それぞれに感じ方が異なってしまう。ヘンリーネックは、これがボタンの開け閉めで調整できる=ネックの着用感が、好みに調整できるということだ。着ていただければすぐわかっていただける。

きつめネックで着たい=ボタンをぜんぶ閉めてみてください
ふつうに着たい=ボタンをひとつ開けてください
楽に着たい=ボタンをふたつ開けてください
これで寝たい(笑)=ボタンをぜんぶ開けてください    余談 ヘンリーネックの語源


圧倒的な自信作です  ぜひ買って、着てみてください。




今日の結論  圧倒的な違いは、着てさえいただければ、すぐわかっていただけるさ。

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME